墓石「匠」|藤沢市辻堂の平和堂典礼

知っ得情報
0120-59-6999
藤沢市 湘南C-Xにある㈱平和堂典礼が運営するメモリアルホール「美空」は
低料金家族葬・一日葬・火葬式が執り行える無料式場です
墓石は湘南地区一番の良心価格と免震工事が標準の技術で施工します。
高価なデザイン墓石も標準仕様のお値段でご奉仕致します。

平和堂の良心契約

平和堂では墓石の設計施工を自社で供給いたします。
それというのも、当社で葬儀を出されたご喪家様のアンケートで多数を占めるのは「お墓は予算をオーバーした。」
「安い石で良いと言ったのに高い石を勧められ断りきれなかった。」
「デザインは何でも可能と聞いてお願いしたが、その追加料金に愕然とした。」
など、ご予算をオーバーした方が大半です。
平和堂では自社で墓石の設計施工をすることでこの問題を解決しています。

低料金なのに、自由なデザイン(限度はありますが、ほとんどのデザインは予算内で出来ます。)
免震加工が標準仕様、他社の高級型(普通型の2割前後高額)は平和堂の普通型です。
しかも高度な技術力(目地は通常の半分)で美しい仕上がり。

お墓を建てるなら、是非お見積りのお仲間に入れて下さい。
品質、価格、技術力、その違いを実感していただけます。
勿論お見積りだけでもかまいません。お気軽にお問合わせ下さい。

お引き渡しまでの流れ

1.ご相談

お電話でのご相談から対応致します

2.墓所の調査

墓所の地質調査 (状態が悪い場合は、地面より約1メートルボーリング致します)

3.下見

墓所の全体的なバランスや、お隣との調和などが必要な場合はご同行をお願いすることがあります (送迎は当社で致します)

4.お打ち合わせ

ご予算・石質の選出・デザインなど

5.設計

CAD図面作成 (正確な立体図面で作成します)
※ご希望のデザインになるまで何回でも設計致します

6.材質設定

設計の終了後、3D(立体)図面に材質を入力して、全体のバランスを確認します
ご希望の石質でお気に召されない場合、何回でも材質の入力を致します
最終的にご納得いかない場合は、再度打ち合わせの上、設計からやり直します

7.ご予算確認

石質・設計が終了し、石材発注の前に石材の変更などのご予算の確認を致します
※この時点までキャンセルが可能です

8.石材発注

ご予算通りであれば、ここで初めて契約となり石材の加工に入ります
※ 平和堂ではご予算内の施工にこだわります
その為お客様が簡単にキャンセル出来るよう、この時点での契約にしています

9.建立

加工が終了すると、石の建て込みを致します

10.お引渡し

平和堂では建立後では見えない部分の工事を写真撮影して「安心」をお届けします

大庭台墓園 : 普通墓地施工実例

大庭台墓園・普通墓地

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

    大型ヨットの帆をイメージした棹石。 当然耐震の為のステンレスが入っています。 手前に写る墓誌はえぼし岩に見えませんか?

  • image

    湘南海岸にいるようなオブジェをイメージした、花立、お供物台、イス(荷物台にも使用できます)。

  • image

    棹石が左右非対称の為、そして、墓誌のラインが優しい為、裏からでも障害にならないので横から見るとイメージが違い、動きが楽しめます。(右側と左側とでは雰囲気が違います。)

お施主様のご希望は「湘南と海」でした。その為、えぼし岩や江ノ島の現地でデッサンを仕上げたり、写真集を購入したりと時間はかかりましたが、力作に仕上がりました。
外柵は波のイメージですが、波と分かるようではNGと言うことでしたので、墓所のデザインをはみ出さない範囲で、「イメージ」のみと致しました。

墓石はヨットの帆をイメージし、上台は海のうねりをイメージしました。墓石は大きなヨットのイメージでしたので、香炉は小さなヨットのイメージで、倍率は変えてありますが、デザインは同一にしてあります。(よく見ないと分からないのですが、細かいところまで加工してあります。)

階段の1段目は茅ヶ崎方面から見た江ノ島と江ノ島大橋に虹がかかっているデッサンから彫刻しました。
墓誌はえぼし岩のイメージです。花立とお供物台と荷物置き(イス)は同一のデザインで、倍率を変化させて作成しました。

イメージは海岸にあるオブジェになっています。まるで湘南の海辺にいるような、潮の香りが漂うような感じがしませんか?お施主様には大変感謝されたのは言うまでもありません。

大庭台墓園・普通墓地

  • image
  • image
  • image

    シンプルなデザインですが、水鉢、花立共にラインを入れ、勾配がとってあります。
    角は総て面取りをして優しい感じに仕上がっています(角が丸く直角ではない)。

  • image

    墓誌のラインと、墓石と同じデザインの墓誌台。この角度からですと、花立の傾斜がよく分かります。

  • image

    拝石の深いラインが動きを出しています。 香炉は大きいと全体のデザインを崩してしまいますので、小さくデザインした為、お線香の熱で上部がひび割れるのを防ぐ為、返しつきの線香皿を使用しています。

お施主様のご希望は、「墓石は洋型、シンプルで存在感が在り、周りに和型が多いので、小さく見えないようなデザイン。」との事でした。
その為オルガン型では低くなってしまいますので、当社の得意な和洋型(縦型墓石)を基本デザインにしました。
棹石のラインをどこで消すか、幅が何ミリで、段差が何ミリと、住宅建築のような緻密な設計で、ライン出しをしました。
その間、お施主様とのメールのやり取りは数え切れないほどでした。

家紋も使用しない為、花立、水鉢、墓誌には同じ傾斜のラインを入れ統一感を出しました(デザインがシンプルな場合、線が少なく高級感が出づらい為)。
棹石の下の上台のデザインと墓誌の下の墓誌台も同じデザインです。外柵にもラインを入れ、シンプルですが高級感が出るように配慮しています。2段目の階段には返しを付け、影が出来るようにデザインしました。

墓石の「倶會一處」(くえいっしょ)(處はさらに旧字)は決まっていましたので、お施主様の直筆を彫り入れました。
非常にシンプルに仕上がりましたが、お参りする時間帯によって感じが変わる、動きのあるお墓に仕上がりました。

大庭台墓園・普通墓地

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
今回はキリスト教のお墓です。お施主様はキリスト教らしいお墓をご希望でした。しかし、イメージは分からないので、デザインは一切お任せくださる、と言うことでした。
その為、当社でオリジナルのデザインを作成して、それを元に修正をしていくことになりました。お施主様には一作目のデザイン(力作)を気に入って頂き、棹石の家名と、墓誌のワンポイントのみの変更でした。
勿論世界に一つの平和堂完全オリジナルデザインです。

大庭台墓園・普通墓地

大庭台墓園普通墓地です。オルガン型の墓石です。シンプルに普通型のご希望です。
写真では分かりにくいのですが、棹石の面取り(角を丸めて高級感と耐久性を出す加工は勿論のこと、上台の雨だれ加工や面取り、芝台と拝石の面取り)まで施してあります。

外柵も総て面取りをして、階段はお線香をあげるとき、膝をついて体を支えられるように、大きくアール加工をしてあります。

お施主様は加工の仕様が分かりませんので、総て当社からの提案です。普通型でも細かいところはきちんと加工させていただきます。勿論加工賃は頂きません。

大庭台墓園 : 芝生地施工実例

大庭台墓園・芝生墓地

  • image
  • image
  • image

    花瓶と香炉を配置する以外のところは勾配を取り、デザインに生かしました。

  • image

    香炉を開いた状態です。
    墓石のつなぎ目が無いのがよく分かります。

  • image

    香炉を閉めた状態です。
    イメージは昔のオルゴールの箱です。

お施主様のご希望は「吸水率が低く硬い石で、お掃除がしやすい墓石」と言うことでした。
その為今回はデザインはオリジナルで、一つの石を削りだして作りました。(普通は上台の上に棹石を乗せる)
その為墓石につなぎ目がありません。
目地もありませんから、お掃除も楽な上、耐久性は抜群です。お写真で確認して下さい。

お施主様は無宗教なので、お花は横向きに捧げたいとのご希望でしたので、花瓶を特注で作成しました。
喫水線を計算し、雨水が溜まった場合は後方に流れ出るようにしてあります。
又、無宗教ではありますが、お線香を上げたい時もあるとのことで、普段はオルゴールの箱の様に見える石の箱が、開けると香炉になるようにデザインしました。
カロートの蓋になる拝石と、花瓶と香炉を乗せる以外の所は掃除がしやすいように勾配を取り、そのままデザインとして生かしました。

棹石の「愛」の文字は、お施主様がお習字をされていると聞き、ご自身の文字を彫り入れるよう提案し、書いて頂きました。大きさはコンピューターで取り込み合せました。
右下に「○○書」とご自身のお名前も彫り入れました。(奥様のご葬儀でしたので、ご主人の思い出になるように、又、ご子息の思い出になるようにと思い、提案させて頂きました。)

大庭台墓園・芝生墓地

  • image
  • image
一般に言う高級型ですが、当社の普通型です。
全体に最大寸法でデザインいたしましたので、非常に大きく見え、堂々としています。石種はインドの黒御影石。MUを使用しました。(クンナムに次いで高評価の石ですが、生産量は限定的で常に不足気味の石。)
吸水率は0.021%と雨に非常に強い石です。
「シンプル」がご希望で加工をご希望でないお施主様の場合は別ですが、加工代はかかりません。
家紋や立体彫刻、写真彫刻などは実費で承ります。

大庭台墓園 : 立体墓地施工実例 (準備中)

他霊園施工実例

小田原久野霊園

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

    周りには大木が多い為、石の腐食防止の策として、上部は傾斜を付け、雨水で樹液が流れるようにしました。

  • image

    棹石と同じく、樹液が流れるように亀腹のようなデザインで上台にも傾斜が付いています。

  • image

    山の中腹の為、湿気が多いので、骨壷内の結露防止策として通気口を付けました。 大雨の時、最悪の場合は排水として機能します。(背面は勾配が高いが、前面は下に傾斜している為、前面に水は溜まらない。) カロートは、上部と前面が開く可変納骨式です。

小田原市役所の公園課では基礎の下に松杭を打ち込むように指導されましたが、当社の下駄基礎の図面を提出し許可を頂きました。市役所としては初めての工法なので現場立会いの上確認が必要との事で、当社の施工を担当者に確認して頂きました。担当者曰く、「ここまで頑強なら申し分なく、今後の参考にさせて頂きたい。」とのお言葉を頂きました。
又、カロート内の水抜きの為の配管埋め込みも初めてだそうです。これには当社も驚きました。

そもそも当社が松杭を嫌がったのは将来の事を考えてです。
松杭はいずれ腐ります。その腐った松杭の後に水が流れ込み、土を流し、空洞が出来て石が落ち込む恐れがあるのです。墓地の角が落ち込み、目地が割れているお墓をよく目にしますが、下に空洞が出来た為と思われます。
平和堂ではお施主様の立場で考え、設計、施工をさせて頂いています。

デザインには総て意味があり、石の耐久性や、カロート内を快適に保つ為、そして気持良く長く使用していただけるように設計しました。外柵には珍しい香炉天井にしてあります。樹液が溜まって石を腐食させるのを緩和する為です。
墓所の後ろには側溝があり、上部から流れて来る雨水が枯葉でせき止められてあふれ出し、カロート内に雨水が浸水する恐れがある為、防水加工を施しました。  

寺院墓地施工実例 (準備中)

墓地改修・洗浄 (準備中)

葬儀のご依頼・資料請求・お見積りは24時間受付中

0120-59-6999

※携帯電話からもご利用頂けます

© Heiwado Tenrei, inc.

PAGETOP