知っ得情報

花祭壇の意味?

記者―最近では花祭壇が増えてきましたが、意味はあるのでしょうか。
㈱平和堂典礼の代表に聞いてみました。

代表―ひと昔前までは白木の祭壇が主流でしたが、最近は花祭壇が増えてきました。
実は神奈川県でも相模川を渡ると白木祭壇を使用している地域は以外と多く、平塚火葬場などでは「宮型霊柩車」も見ることがあります。

実は、平和堂では以前から「花祭壇」を主流としており現在では100%花祭壇で施行しています。
色々と意味はあるのですが、一番は、「お花は人の心を和ませる事が出来る」からです。最近ではお花の持ち込みが禁止されている病院が多いのですが、一昔前は、お見舞いには花束を持って行ったものです。

仏壇にも飾りますし、お墓にも飾ります。
誕生日、記念日など慶弔問わずにお花は「人の心」として扱われてきました。

先日、横浜市の踏切で倒れた男性を助けようとして、お亡くなりになった踏切の横にも沢山のお花が飾られていました。

勇気をたたえるお花もあるでしょうし、死を悼むお花もあるのでしょう。

人それぞれの心を表しているようでした。

さて、それでは花祭壇はなぜ私たちに向けて飾るのでしょうか。

実は立花にはご本尊に向ける「向上相」四方八方に向ける「向中相」私たちに向ける「向下相」があります。

花には供養する人の「心を穏やかにして仏道修行に励む心を助け、その心を養い育てる」働きがあるとされているためです。

お墓や仏壇でも私たちに花が向きますね。

古くは唐の時代に考えられて事ですが。