知っ得情報

地獄極楽は同じ世界

記者―今日は「利他(リタ)」と言うあまり聞かない言葉を、㈱平和堂典礼の代表から聞いた。早速意味を聞いてみよう。

代表―先日、会合で「利他(リタ)」と言う言葉を聞いたのですが、この言葉は仏語でもあるのです。

利己主義」の対義語が「利他主義」と言ってもいいでしょう。

「利己」は自分の利益を重視して他人の利益を軽視・無視することですが、「利他」とは自分の利益よりも他人の利益を優先することです。

違いは聞くよりも見た方が早いでしょう。それではここで地獄と極楽を見学に行きましょう。

まずは地獄です。
ちょうどお昼時でテーブルの上にはあふれるほどの食事が出されています。
その割には皆痩せていますね。

よく見ると、皆が1メートルほどの長い箸を持っています。
長いため必死に食べようとしても口に入りません。

隣の人から奪おうとしますが、相手は必至で奪わせません。
これは酷い。

足早に極楽へ移動しましょう。

テーブルには同じく豪華な食事に長い箸がおいてあります。
食事が始まると極楽の人は向かいの人に食べさせ始めました。
和やかに、楽しそうにお互いの口に運びます。

感謝の気持ちや思いやりの気持ちが無いと同じ環境や同じ世界が「地獄」にもなり、「極楽」にもなると言う事でしょう。

私自身、身の回りで思い当たることもあります。
しかし、新婚時の食卓と今の食卓の違いだな。などと思ってはいけません。

そこが本当の地獄の入口になりかねません。